流行りのおせちマニュアル

MENU
お年玉はその昔、お金ではなくお餅だった!?
MENU
大晦日は、寝ないで年神様を待たなければならない
MENU
お屠蘇には1年間の健康を願うという大切な意味がある
MENU
作るよりも出来上がっているものを購入する方が経済的

お年玉はその昔、お金ではなくお餅だった!?

流行りのおせちマニュアルmain画像

おせち料理や初詣と並んで楽しみにされている「お年玉」ですが、実はお年玉はその昔、お金ではなくお餅という形で子供たちに与えられていました。

お年玉はその昔、お金ではなくお餅だった!?

お正月には、色々と楽しみなことがありますよね。

おせち料理やお屠蘇、初詣、といったように普段はしないようなことをすることで、「新たな一年が始まる」という意識が高まったりもします。

そして子供たちにとっておせち料理や初詣以上に大きな楽しみであるのが、「お年玉」です。

お正月は子供たちにっとって最大の「稼ぎ時」でもあり、自宅にお客様が来るたびに、「この人はお年玉をくれるかな・・・」なんて思ってワクワクしたりしたものです。

またもらったお年玉を貯めて欲しかったおもちゃを買ったり、年末年始には「今年はいくらお年玉をもらえるのかな・・・」と期待に胸をふくらませたりした経験がある方も多いのではないでしょうか。

ところでこの「お年玉」ですが、本来はどういった形で与えられていたかご存知ですか? 実はお年玉はその昔、「お金」ではなく「お餅」という形で渡されていたのです。

そもそもお年玉は、年神様に対してお供えするお餅を、目下のものや子供たちに下ろした、つまり分け与えたことから始まりました。

年神様にお供えするお餅には年神様の魂が宿っているといわれており、これを食べることによって新たな1年を無病息災で過ごすことができると考えられていたのです。

現代におけるお年玉は「子供にお小遣いをあげる風習」となっていますが、実は、子どもたちの健康を願ったとても崇高な行事だったのですね。

ただ正直なところ、やはりお餅よりはお金のほうがいい、というのが本音ですよね。

現代に生まれたことに感謝、といったところです。

たとえばこちら⇒おせち料理予約は板前魂本店がオススメです。